投資ライフ

【悲報】トランプ落選なら401kと米国株式に暴落リスクあり?

トランプ落選なら株価暴落リスク

 

こんにちは、nisaちゃんです。

 

7月6日月曜日、トランプ大統領がこんなツイートをしていました。

 

 

トランプ大統領

今まさに絶好調なみんなの401k(確定拠出年金)と株式を滅茶苦茶にしたいなら、何もしない左派の民主党が擁立するいわく付きジョー・バイデンに投票したらいいよ。猛烈に税金は引き上げられて、みんな貧乏になるだろうけどね!

 

現役の大統領が自身のSNS上で、まして名指しで対立候補をディスるなんてさすが本場のヒップホップカルチャーは凄いですよね…笑

 

ナスダックは最高値を更新(2020/7/6)

 

コロナショックからはや2ヶ月半が経ち、米国株式市場にも活気が戻ってきましたね。

 

ハイテク企業が市場を牽引し、ナスダックは史上最高値を更新しました!

 

【TSLA】【NFLX】は最高値を更新し、【AMZN】はアナリスト予想をぶっちぎり$3,000ドルに到達しました。なんと年初来+63%!

 

QQQやVGTに投資している私としてはまさに『最高🌟』なんだけども、さっきのトランプ大統領のツイートが気になる。。💦



バイデン当選なら株式市場にはポジティブ

 

現状バイデン氏が優勢であることを鑑みると、トランプ落選は十分あり得るシナリオです。

 

その結果トランプ減税やFRBへの圧などが蒸発し株式市場にネガティブな影響を与えれば、401k口座は無いものの米国株に投資している私たちにとってはたまったもんじゃないですよね・・!(´;ω;`)

 

一方そんなツイートに反するように、JPモルガン・チェース(JPM)のストラテジストは以下のようにコメントしています。

 

バイデン大統領の誕生は株式市場にとって中立ないしややポジティブだと評価しています。現状の弱った経済状況を考慮すると、いかなる政策よりも"経済と雇用の回復"が最優先事項となります。この点においてはどちらの大統領も同じですが、バイデン氏の親中的な温和な外交姿勢はマーケットのボラティリティを抑え、リスクプレミアを安定させてくれると見ています。



民主党オバマ大統領の時も株価は好調

 

オバマ前大統領は民主党出身で親中派かつ温和な外交政策で有名ですが、在職期間の2009年~2017年の株価は8年間で+2.3倍にまで上昇しました。

 

一方トランプ大統領はここ約4年間で+1.4倍です。確かにタイムスケールで見れば今後コロナショックからの経済の急速回復も考慮するとオバマ期のそれを上回る期待値は非常に高いですよね。

 

ただ1点確かなことは、いずれの政党の大統領であっても相当キテレツな政策を実施したり、不可抗力的な災害や紛争に見舞われない限り企業は利益を生み出し続けます。

 

まして今は経済回復が至上命題だから、そこがブレることは無いだろうしね!安心して今後も米国株に投資できそうです。

 

1日でも早い経済回復を願いつつ、わたしは今月もVOOとQQQに積立続けるよー♡

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
☝いつも応援クリックありがとうございます♡

-投資ライフ

Copyright© GカップOLが米国株投資で配当生活 , 2020 All Rights Reserved.