投資ライフ

近づく景気後退、次の暴落は○○ショックか?

 

NYダウが2万8000ドルを突破し、活況に沸く株式市場は強気のトレンドを維持しており、このままいけば2020年にはNYダウが3万ドルに達するだろうとの見方が広がっています。

 

半年前までこの手の金融ニュースに少しでも反応していたかすら怪しい私ですが、今となってはその恩恵に触れている訳ですから、人間いつなにが起こるか分からないですね・・笑

 

さて、昨今世間の関心は米中貿易協議の進展に寄っていますが、読者の方の中には最近の株式市場はどうも上手い方向に転がっており、『なんか怪しいなあ・・』なんて懐疑心を抱いている人もいるんじゃないでしょうか?( ›ω‹ )

 

ちょうど先月、国際通貨基が公表した報告書には「世界的な金融緩和が金融システムのもろさを助長している」との記載がありました。

皆さんもご認識の通り、中央銀行が金利を下げることは一時的に景気を支える一方、投資マネーを刺激し、企業の借金や新興国の外貨債務を膨らませてしまう面もあり、将来逆回転で経済が混乱するリスクもあります。




しかも!!とってもタイムリーなことに今月15日、米連邦準備理事会(FRB)の報告書でも、米国企業の債務が急増していることを警戒する旨の記載が! 残高は過去最大の15兆7600億ドル(約1,700兆円)で、特に信用力の低い企業の借金が増えているとのこと。これはリーマン時期のそれを優に超えています。。汗

 

銀行や投資家も利回りを得るため資金供給を積極化しており、金融緩和に伴って生み出された金余りが、必要以上に世の中に蔓延していることが分かりますね。
もちろん私たちのように普段から金融資産に投資している側からすれば、一時的にこれらの恩恵を受け、大きく資産をグロースさせることができますが、過剰な供給によって発生した債務がパンクし、資金繰りがショートするようなことがあれば、それは次の暴落の引き金になる可能性があります。
そこで、私のヨミでは、次の景気後退は世界的なデフォルト(債務不履行)の連鎖によるものになるのではないかと思うのです!まさに名付けて『デフォルト・ショック!』になるんじゃないかと予想しています。(現実になった時に採用されたらいいなぁ・・笑)
誰が名付けてるのか全然知らないですけど、メディアの方々良かったら使ってください(ㅅ•͈ᴗ•͈)笑
果たして暴落は来るのか、来るならいつなのか、、答えは風の中です。。もし暴落したらバーゲンセールですから、『絶好の買い場がやってくる』と私たちは前向きでいる方が精神衛生上いいかもですね٩(ˊᗜˋ*)و

ちなみに、逆イールド解消による統計では2020年の年明け~3月辺りが怪しいらしいですねー!



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチっと応援されると嬉しいです♡

-投資ライフ

Copyright© GカップOLが米国株投資で配当生活 , 2020 All Rights Reserved.