投資ライフ

【発見】NISA口座で数千円余った時のオススメ投資先

 

NISA口座は最長5年間も非課税で運用できる大変便利な口座です。

 

しかしながら、年間120万円までしか運用できず、この上限と制約は厳格に管理されています。例えば、120万を超えそうな場合はシステムで自動的に買い注文を出すことができませんし、119万2000円分購入していたとして、余った8,000円分を翌年のNISAに繰り越すこともできません。

 

つまり、少しでも非課税の恩恵を受けたいのに、あと少し枠が足りなくて買えない、、なんてことが誰しもあったりするのではないでしょうか?( ›ω‹ )

 

私は、年初にNISAと相性の良いADR(米国預託証券)銘柄をガンガン買い込み、ほぼ非課税で配当金を受け取るのが好きなので、基本120万円分すぐに使い果たしてしまいますが、今になってどうしても2,000円だけ余ってしまい『この穴もったいないな~』と思いつつも放置して日々を過ごしていました。


というのも、NISAちゃん11種で言えば、もし4,000円以上あったら高配当かつ安定銘柄のAT&TかBTIを買ってこの穴を埋めることができるのですが、2,000円と言うと正直何も買えない・・と諦めていたのです。

 

そんな時、とある銘柄の減配を受けて荒れるTwitterのTLをみました。

 

メディア『○○○銀行減配!』『マネロン疑惑で株価下落!!』

 

私『なにこれ? OK!Google!ウエストパック銀行』

 

私『oh! ジーザス!めちゃめちゃ高配当なADRじゃんー!!』

 

株価なんと17ドルぽっきり、配当利回り約7%でオーストラリアのADR銘柄、、なんて素晴らしいのでしょうか。

 

減配&株価下落でNISAのちょうど痒い所に手が届く、そんなベストフィット銘柄を不覚にも発見してしまった訳です。

 

正直隙間を埋めるだけの2,000円投資なので、そこまで具体的に調べていませんが、配当性向も高く株主還元には力を入れているようですし、オーストラリアの人口は右肩上がりで、金融業ではあるものの今後も生き残りそうな企業という印象を受けました(ㅅ•͈ᴗ•͈)

 

米国と英国にしか投資していなかったので、オーストラリアという未開の地に投資するウキウキ感とNISAの余り枠を活用できる満足感、プライスレスだと思います♡

 

【WBK】の他にも丁度良い銘柄としては【ARCC】とかも良さそうでした。皆さんも"ちょい足し"してみてはどーでしょうか?



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチっと応援されると嬉しいです♡

-投資ライフ

Copyright© GカップOLが米国株投資で配当生活 , 2020 All Rights Reserved.