投資ライフ

【石油】時価総額100兆円のオイルメジャーはオワコンなのか?

 

先週木曜、OPEC(石油輸出国機構)+ロシアは、昨今の原油価格下落を受け、生産/供給量を絞ることで互いの利益を確保する、いわゆる協調減産に合意しました。

 

同日、これによりオイルメジャーである【XOM】や私の投資先である【RDSb】の株価は反発しました♡

 

ところで石油と言えば、サウジアラビア最大の石油産出機構であるサウジアラムコが近くIPOを実施することを受け、市場ではオイルメジャーの今後の動向が注目されています。

 

アラムコのIPOは史上最大規模になることが予想されており、その時価総額はなんと現在世界一位のAppleを抜き"1兆7,000億ドル"規模に上るとのこと・・(˙꒳​˙;)

 

さすがイスラム教の聖地、神の恩寵と言われるオイルマネーは今でも健全ですね。笑

 

しかし、そんな世紀のIPOでありながら、市場の注目はやや冷ややかであることは否めないようです。


 

事実、IEA(国際エネルギー機関) が先月11月に発表した『世界エネルギーの見通し』によれば、これまで右肩上がりで伸びてきた石油需要も2025年を目途に鈍化し、30年以降はほぼ横ばいになるとのこと。

 

経済の原理に従えば、需要が減少すれば供給を制御することでしかその価値を維持することはできませんし、何より価格の下落は避けれませんのでこれまでのような巨額の利益を上げることは難しくなるでしょう。

 

もちろん原油の需要が無くなるという訳では無く、アジア圏の新興国ではこれからも需要はありますすし、電気と代替することが難しい航空/船舶燃料や石化製品分野での需要は今後も拡大することが予想されています(ㅅ•͈ᴗ•͈)

 

とはいえ、石油頼りのオイルメジャーにはどうしても先行きの不安を感じざるを得ない私は、【XOM】への投資を早々に切り上げ、今は完全に【RDSb】に切り替えました!

 

ロイヤル・ダッチはIntegrated Gas、代替エネルギー事業への投資を拡大しており、年々その売上高を成長させています。かつての石油一本打法から事業ポートフォリオを時代に合わせて変革している点に個人的に好感を持ちました♡

 

そういえば昔、大学時代からの友人で国内石油業界の雄、JXTGエネルギーで働く彼と飲んだ時も「オイルメジャーならRDSbが最もうまくやってる方だと思うわ」と言っていましたね。笑

 

さて、これが吉とでるか凶とでるか、今後も長い目でみていきたいと思います~。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチっと応援されると嬉しいです♡

-投資ライフ

Copyright© GカップOLが米国株投資で配当生活 , 2020 All Rights Reserved.