投資ライフ

【MARA】Bitcoin銘柄で株価好調のマラソン・パテント・グループを新規購入

マラソンパテントグループ新規購入

 

 

こんにちは。nisaちゃんです🌞

 

仮想通貨、中でもBitcoinの価格上昇が止まらずついに1BTC=500万円の大台を突破しましたね!!

 

価格上昇の背景にあるのは年金機構などの機関投資家や金融機関、大手企業からの購入が相次いでいることが挙げられます。

 

2017年の個人投資家間で起きていたバブルとは違って、こうしたメガパワーの市場参入がBTCの価格上昇、そしてその根底にある『信用』を底上げしています。

 

こうした仮想通貨ブームが大手企業の参入で更に加速し、今後一気に価格や通貨としての信頼を押し上げていくと考えられるなか、

 

私も仮想通貨市場に参入することにしました!!

 

私はBitcoin現物ではなくマイニング業者である【MARA】マラソン・パテント・グループの株を購入しました!

 

今回はその理由やBitcoinマラソンの価格上昇で恩恵を受けるマラソン・パテント・グループの魅力について書いていきますね。

 

【社名】マラソン・パテント・グループ

【ティッカー】MARA

【本社】米国カルフォルニア州

【事業】知的財産権の管理+仮想通貨の採掘

【株価】38.46ドル(21年2月12日)

【時価総額】3.6B(3,600億円)

【配当利回り】0%



2021年ビットコイン価格の見通しと背景

 

コロナ等の影響で世界の中央銀行が金融緩和を継続し日本円や米ドルが毎日のように増刷され市場にばら撒かれています。

 

経済学では『希少性』という要素がモノやサービスの価格決定の大きく影響することが示されていて、こうした増刷は法定通貨の価値を希釈するとされています。

 

貨幣の価値の根底にあるのは『信用』です。人々がそれに(貨幣として)価値があると信じられているからこそ価値や値段がつくのですね。

 

そんな中、新たな貨幣として仮想通貨のBitcoinが法定通貨と並列するかたちで注目され、個人だけでなく世界的な大企業からも『信用』を勝ち取りつつあります。

 

米国を中心とした年金機構などの機関投資家だけでなく、PayPalやスクエアや、NYメロン銀行などの金融機関、そして民間企業であるTeslaやMicroStrategy社などがこぞってBitcoinを決済手段に採用&新規買付を行っています。

 

2021年ビットコイン価格予想

 

こうした背景からBitcoinの価格は上昇を続けていますが、2140年頃までに2100万枚という供給量があらかじめ制限されていることから『希少性』という価値も備わっており、

 

個人的には信用の獲得と希少性の担保という裏付けに基づいて価格が上昇していると思えたので、このブームを無視すること無くポートフォリオの数%はブームに乗ろうと思いました🌟



ビットコインの採掘(マイニング):マラソンパテント(MARA)

 

今回私が購入したのは、ビットコイン現物ではなくビットコイン価格の上昇で恩恵を受けるマイニング業者である【MARA】マラソン・パテント・グループです!

 

【MARA】マラソンパテントグループ株価

 

元々はCA州LAを拠点にした著作権や特許を管理する小規模な会社なのですが、最近はビットコインの採掘を注力して手掛けており多くのビットコインを保有しています。

 

仮想通貨はデジタル・ゴールドと称されることがありますが、Goldをイメージすると仮想通貨とマイニング業者の関係性を用意に理解できます。

 

金に投資する場合、金現物に投資するほかに金鉱株つまり金の採掘業者への投資も挙げられます。

 

有名どころはカナダのバリック・ゴールド【GOLD】や南アフリカのハーモニー・ゴールド【HMY】がありますが、

 

彼ら金鉱株に投資する魅力は『オペレーティング・レバレッジ』が期待できるからです。

 

これは金採掘に掛かる費用つまり損益分岐点は一定であることから、金価格が上昇すればする程より多くの利ザヤを増やすことができ一般的に金現物の価格上昇よりも大きな恩恵を受けることができます。

 

これはビットコインとマイング業者(Ex. MARA)の関係性も同じです。

 

ビットコインのマイング業者も採掘コストが横ばいであれば、ビットコインの価格が上昇すれば同じ投下コストでより多くの利ザヤを受けることができますし、保有量が増えていればその分大きく評価額を押し上げることに繋がります。

 

つまり金価格が上昇するなら金鉱株を買うのと同じで、ビットコインの価格が今後も上昇すると思うなら仮想通貨採掘株を購入するのは自然なことです。

 

事実、昨今のこうしたビットコイン価格の上昇⇒採掘業者ぼろ儲けという構造から【MARA】の株価は直近大きく上昇しています!!

 



金融緩和は資産形成のボーナスステージ

 

先週購入して、既に数パーセントの含み益です。買った瞬間から含み益が右肩で乗っていくのが一番気持ちいいよね・・!

 

FRBが金融緩和を継続する姿勢を示していることから、まだまだカネ余り相場が続くことが期待されています。

 

早ければ21年末から引き締め政策に転向することが予想されていますが、逆に言えばそれまでお祭りは続く訳ですよね🌞

 

コンサバに見積もってもこの夏ぐらいまではブーム株や商品に乗って利益を拡大するのが吉だと判断したことに加え、

 

今後TwitterやJPモルガンなどもビットコインに追随参入しようとしていることから、ビットコインだけでなく採掘業者の株価は一段と上昇すると思い新規購入しました!



時価総額がまだまだ小さく、流動性に乏しいため万人にオススメできるような銘柄では無いですが、ビットコインの価格上昇にベット出来る方なら【MARA】は魅力的な投資先になるのではないでしょうか??

 

個人的にビットコインを持っている方ならわざわざ購入する必要は無いと思う(かなり集中投資になるので💦)けど、

 

私の様に仮想通貨口座を新規開設して管理すのがめんどくさい!という方にとって米国株式である【MARA】なら購入し易いのではないでしょうか?

 

皆様が仮想通貨ブームに乗って資産を拡大する選択肢を考える上での一助になれば幸いです👏

 

いつも読んで下さってありがとうございます。

最後に応援クリック頂けると嬉しいです♡

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
☝いつも応援クリックありがとうございます♡

-投資ライフ

Copyright© GカップOLが米国株投資で配当生活 , 2021 All Rights Reserved.